HOME>Column>蓄積されるストレスで発症する病気について知ろう

蓄積されるストレスで発症する病気について知ろう

看護師

無自覚ストレスとは

無自覚に嫌なことや本能を抑制する人がいます。このような人は周囲からなかなか気づいてもらえず、我慢強い人と見られることがあれば、嫌なことなど気にしていないと感じられることがあります。しかし、無自覚に抑制する人は、どんどんストレスをため込んでしまう可能性があり、注意が必要です。ストレスを溜め込んでしまえば精神的に負担がかかり、ある日突然うつ病や精神疾患などのような病にかかってしまうことがあります。軽度の症状では眼精疲労になっている人に多いといわれています。実は精神的なストレスは、目に大きな負担をかけ眼精疲労になりやすく、そこからさらに不眠が続けば目への負担は大きくなっていきます。軽度の症状ときから精神を休ませることが必要です。

医者

キラーストレスに注意

ストレスを解消できずに、溜め込み溜め込み、その生活が続いてしまえばキラーストレスに陥ってしまう可能性が高くなります。キラーストレスとは、自律神経の乱れなどによって身体に大きな負担をかけ、最悪の結果となってしまうこともあるほど怖いものと伝えられています。キラーストレスによってどのような症状があらわれてくるのかといいますと、めまいや吐き気を感じることもあれば、腹痛や腰痛、蕁麻疹、喘息、偏頭痛などほかにもさまざまな症状が伝えられています。大病では、高血圧や糖尿病も言われています。がんばって仕事をしなければ、学業に取り組まなければと意識して、自分自身の精神や身体のついて野放しになっている人は現代では多く存在しているので、少しでもリフレッシュできるよう時間を作ることが重要です。